男と猫2匹のブログ

猫2匹の様子と、日常で気になるものをピックアップしてお届けします。

MENU

【初心者さん向け】0から始めるブログ記事の書き方と進め方

皆さん、こんにちは。

はらだです。

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

 

内部リンク流入経路については以前書かせていただきましたが、今回は、ブログの書き方で悩んでる人に少しでも助けになれたら良いなということで、【初心者さん向け】0から始めるブログ記事の書き方と進め方を書いていこうと思います。

 

【ブログ作成の進め方】
  1. キーワードを決める
  2. 見出しを決める
  3. 内容を書く
  4. 画像を決める
  5. タイトルを決める
  6. 作成した記事を読み返してみる

本記事では上記のような順番での進め方をおすすめしています。

では、上から順番に見ていきましょう。

 

 

キーワードで悩んだら複合キーワードを使おう

f:id:haradadesu:20190629034927j:plain

ブログや記事を作成するうえで「内容が思いつかない!」という悩みは、これからもずっと抱えていくことになる課題だと思います。

  • どのキーワードで書こう
  • どのような内容が読者は読みたいのか
  • この内容って需要はあるのだろうか

など、考え出すときりがありません。

そんな悩みを少しでも解消させるためにおすすめしたいのが、複合キーワードを使う、です。

複合キーワードとは

文字通り、キーワードを二つ以上複合させたキーワードのことを言います。

「猫」や「犬」のような月間検索数が多すぎるキーワードで記事を書いてみても、基本的には検索上位に全然出てきません。

そのような場合に、複合キーワードを使用することで他ユーザーとの競合率を避け、検索上位に表示させる可能性を高めるといった用途で使われます。

ただし、記事の内容を考えるうえでも実は効果的です

複合キーワードでブログ記事の内容を考える

先ほど例に挙げた「猫」や「犬」でブログ記事の内容を考えた場合、

  • 一度、猫や犬についての記事を書いてしまった
  • 猫や犬の何について記事にすれば良いかわからない

と、いろいろな悩みが出てきます。

しかし、

  • 猫 種類
  • 猫 かわいい
  • 猫 鳴き声
  • 猫 飼い方
  • 猫 ちゅーる
  • 猫 トイレ

など、猫を含んだ複合キーワードは数多く存在しています。「猫 かわいい 画像」のように、2つ以上のキーワードを組み合わせることだってできます。

キーワード選定で悩んでいる人がいましたらぜひ参考にしてみてください。

 

ユーザー目線になって見出しを考える

f:id:haradadesu:20190629034916j:plain

キーワードが決まりましたら、次は見出しを考えます。

文章を書く前に見出しを決めておくと、大まかな記事の構成が頭の中に浮かぶようになるため、記事を書いている途中によく手が止まる人におすすめです。

とはいえ、内容も決まっていないのに見出しを考えるというのは、慣れていないと難しいものです。

そこで意識していただきたいのが、読者目線になって見出しを考えるです

見出し作成の例

では、「猫 トイレ」を例に挙げて見ていきます。

①自分に当てはめる

まず、このキーワードは、なぜ検索されたのかを自分が検索したユーザーの立場になったつもりで考えてみましょう。

パッと思い付くのは、

  • 猫のトイレを買いたい
  • みんなが使っているおすすめの猫のトイレは何だろう
  • 猫のトイレを置く際、どのようなことに気を付ければいいのか
  • 猫にやさしいトイレ環境を作るにはどうするべきか
  • トイレのしつけはどうすればいいのだろう

などでしょうか。別にそれが正しいか正しくないかは問題ありません。想像力を膨らませることが大切なのです

②思いついた内容を整理する

では次は、思い付いた内容を整理してみましょう。

上記の、自分が想像した「猫 トイレ」のイメージですと、

  • トイレを買いたい
  • トイレの設置方法や環境整備に悩んでいる
  • トイレのしつけについて調べたい

の3パターンに絞り込めます。

そうです、これを見出しにすれば良いんです!

③見出しを作成する

では、実際に見出しにしてみましょう。

  • 飼い主さん必見!おすすめの猫のトイレ3選
  • 猫が快適に生活できるトイレの環境や設置方法
  • トイレのしつけはどうすればいいの?

はい、できました。

このように、何もイメージできていないところから見出しを考えるよりも、キーワードに対する想像を事前に膨らませてみた方が、あまり時間をかけずに見出しを作成することができるようになるのです。

 

コピペに気を付けて文章を書く

猫2匹が並んでいる

見出しが完成したら、次は文章を書きましょう。

「見出しに沿った内容を調べ、それを参考にしながら記事を書いていたら、いつの間にか1000文字超えていた。よし投稿しよう」

この一連の流れ。実はすごく危険です

文章を書くうえで最も注意しなければならない点は、コピペ文章にならないようにするです。

検索上位の記事を真似して文章を書くことは、確かに楽です。

しかし、コピペの多い文章は複製記事とみなされてしまうため、Googleから評価を得ることができなくなってしまいます。もちろん検索で上位になることもありません。

さらに、アドセンスを申請する際にもコピペの多い記事があると合格への道が一歩遠のいてしまいますので、慣れていなくても自分の言葉で書くことが大切です。

 

画像を決める

猫が寝ている

見出し、文章が決まったら次は画像を決めましょう。著作権の問題で他のサイトから画像は持ってこられないし、自分の撮影した写真にも限界がある。そこでおすすめしたいのが、無料のフリー画像サイトです。

おすすめのフリー写真サイト

私がおすすめしたい(使用している)サイトは、

です。

Pixabayとぱくたそは会員登録も一切必要なく、キーワードを入力するだけで簡単に画像を絞り込め、ダウンロードできます。

photoACに関しても、無料会員登録していただければお金を払わずに画像をダウンロードできます。

一日のダウンロード上限数は決まってはいるものの、画像にお金をかけなくて済むというのは、ブログを運営していく上では大きなメリットとなるでしょう。

画像の貼り付け位置

これは、人それぞれこだわりがあるとは思いますが、私の場合は見出し(大見出し)の直下に置くことがほとんどです。

というのも、文章と文章の間に入っていると、途中で文章が途切れてしまうため読者に読みづらいと思わせてしまうかな?と危惧しているからです。

ポイント

もちろん、何かの手順を教える際に写真を載せたり、説明していたグラフを載せたりなどは例外です。

 

タイトルを考える

f:id:haradadesu:20190629035017j:plain

文章は書いた。画像も貼り付けた。このタイミングでやっと、タイトルを考えます。

遅すぎないか?普通最初に考えるのでは?と思われるかもしれません。

しかし、最初に決めてしまうと、記事を書いていくうちに後々内容が変化してしまった場合、考え直さなければならないという手間が発生します。

そして何より、タイトルを考えるのって難しくないですか?

私も以前、悩みすぎて「タイトル 決め方」と検索したことがあるくらいです。

そこを考慮すると、タイトルは最後に考えたほうが良いのかなぁ、という考えに落ち着きました。もちろんこの記事もタイトルは未定のまま書き記しています

タイトル 決め方

早速、自分で検索したことのあるキーワードで見出しを作りました。

閑話休題。

タイトルを決める際に気を付けていることは以下の3点。

  • キーワードは基本的に、何度も繰り返して使わない
  • 句読点はあまり入れない
  • 記事の内容と相違のないようなタイトルを付ける

これらに気を付けていれば、後は頑張ってひねり出すだけです。

 

では、例によって「猫 トイレ」で考えてみましょう。

猫のトイレのおすすめ商品を紹介しつつ、トイレの環境や設置方法、そしてしつけについて書いていく想定になっていたと思います。

これら全てをタイトルに入れようとすると、ごちゃごちゃしすぎますし、長文にもなってしまいます。

ごちゃごちゃした文を簡潔にしつつ、見た人が記事の内容を想像できるようなタイトル。。。

猫のトイレを快適な環境にするためには?おすすめの猫用トイレも紹介!

こんな感じでしょうか。

賛否両論はあると思いますが、このタイトルを見れば「おすすめの猫用トイレを紹介しつつどうやって快適な環境を用意してあげるかが書いてあるのだろうな」と勘の良いユーザーさんなら予想は付いてくれるはずです。 

 

作成した文章を一度自分で読み返す

タイトルも付けたしこれで完成!でもいいのですが、最後に一度、書いた文章を自分で読み返しましょう。実は、とても重要なことです。

いくら自分が文章を書くことに慣れていたとしても、人間だれしもタイプミスはあります。必ずあります

しかも、他人の文章ほどそういったミスには目が行きがちです。

10分ほどで確認はできると思いますので、徹底するようにしましょう。

 

追記:ちなみにこの記事も、読み返した後で手直しやら追記やらいろいろ行っています。 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブログ記事を書くということは、一筋縄でいくものではありません。何度も何度も繰り返し続けていくことで、ようやくすらすらと書けるようになります。

 

この記事を読んだことで、記事の書き方についてあまり悩まなくなった、と少しでも思っていただける人がいれば幸いです。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

パパのブログを気に入ってくれたらポチしてね

読者登録お願いしますにゃ

ブックマークも嬉しいにゃ

www.otokoneko.com