男と猫2匹のブログ

猫2匹の様子と、日常で気になるものをピックアップしてお届けします。

MENU

経験者が猫を飼うために必要な準備や注意点を教えます

皆さん、こんにちは。

はらだです。

今回は、経験者が猫を飼うために必要な準備や注意点を教えますを書いていきます。

スコティッシュフォールド

皆さんは猫を飼うぞ!となったときに、準備するものや注意しないといけないことはご存知でしょうか?現在、日本では犬より猫の飼育数が多くなっており、各SNSでも猫画像・猫動画を上げている人も増加しており、まだまだ猫人気は続くと思われます。

そんな増加傾向にある猫ですが、飼い始めの対応一つで、今後猫が幸せになれるのかが決まるといっても過言ではありません。

これから猫LIFEを始めようと考えている人は、必ずこのブログを見て今後に活かせるようにしてください。

 

幸せ猫LIFE

確認編

猫を飼う前に、まずは確認をしないといけない点があります。

①住居がペット可物件なのか

一戸建てであれば問題ないのですが、賃貸のアパートやマンションでは、ペット不可物件が多いので賃貸借契約書を必ず確認してください。内緒で飼っているのをバレてしまうと、違約金と退去命令が出される可能性が高いです。また、ペット可でも犬だけ、猫だけ、小鳥だけ等の制限付きもあるので、ご注意ください。

②防音対策はされているか

猫はもちろん鳴きます。時には大声で鳴くときもあり、薄い壁だと間違いなく隣まで聞こえます。悲しいことではありますが、それを不快に感じる人も少なからずいますので、その点をしっかり確認してください。

③猫にかかる資金の確保

猫も命ある動物です。ご飯代や飲み物代、おやつ代、病院代、保険代、おもちゃ代がかかってきます。その他にも色々な準備物が必要となりますので、ある程度の資金は必要となりますので、ご承知ください。

④一生猫を育て上げる気持ち

 一番大事な部分です。最近では、猫に関するニュースが多く取り上げられており、胸を締め付けられる思いをしております。飼ったのはいいが育てられず外に放置したり、虐待をしたり等は絶対にやめてください。そんなことをするなら、最初から飼わなきゃいいだけです。そんな人に飼われて猫が幸せになれないなら、私が育てますのでご連絡ください。

 

幸せ猫LIFE

準備編

猫を飼う前に、ある程度の準備物は必要となります。いざ育てるぞとなった時に、何も無い状態だと猫も飼い主も困ることになります。今回は最近来たばかりのあずきをモデルにして、必須アイテムをご説明していきたいと思います。

①キャリーバッグ

猫用キャリーバッグ

 猫を運ぶために必要不可欠です。電車に乗る際には、必ずキャリーバッグに入れてないと基本電車に乗ることはできませんし、どこかへ一緒にお出かけするのにもキャリーバッグに猫を入れないとお断りされるお店も多くあります。そのためにキャリーバッグは必ず購入しておきましょう。

②ゲージ

猫用ゲージ

子猫を育てるためには、ゲージが必要だと私は考えます。というのも、あらゆる場面でケガをする可能性を想定しないといけません。家具や配線等でケガをしてしまうかも、先住猫とじゃれ合ってケガをしてしまうかも等です。また、自宅に連れてきて1週間位は精神的に安定しないのが子猫ですから、少しの間は隔離が必要と獣医師さんからも言われております。(あずきかわいい)

ちなみに、最初から網目状になっているわけではなく、妻と協力してゲージ全面に麻紐で網目状にしました。網目状にしないと、子猫は何もかも柔らかいのですり抜けてしまうためです。

 

③トイレ本体と砂

猫用トイレ

猫が生きていく上で、トイレも必要になります。私は清掃面が簡単な「デオトイレ」しか使いませんが、猫もこの砂が嫌いとか好みがありますので、猫に合ったトイレと砂をお選びください。ちなみに、あずきにはこの砂がまだ重いみたいで、1粒ずつしかかくことができません。かわいいですねぇ。

 

④ベッド

猫用ベッドマット

猫が寝る場所の確保も必要ですね。基本柔らかいところが好きなので、もふもふしたものや若干弾力のあるものをオススメしています。このベッドマットは折り畳みも出来るので、持ち運びに便利です。購入したのはカインズホームになりますので、お近くにある方は行ってみてください。

 

⑤おやつ

ちゅーる

人類が発明した対猫用最終決戦兵器「ちゅーる」になります。これを猫に見せただけでも大興奮間違いなしです。これを食べさせて大人しくしてもらおうなどと考えない方がいいです。反対に暴れだします。ただちゅーるを食べている姿を見ると愛おしく感じますので、ぜひ食べさせてあげてください。

 

⑥ご飯

猫用ご飯

基本的にドライフードを食べさせていますが、ウェットフードと交互にしたり、ドライフードと混ぜて食べてもらうこともあります。育てる猫によってご飯の好みもあるので、猫と相談して決めていただければと思います。

 

幸せ猫LIFE

育てる編

猫を育てるための準備もできましたね?ここまで揃えてやっと猫を迎えにいけるわけです。欲をいえば、脱走防止の柵を付けてもらえると尚良いと思います。

①ご飯のタイミング

自宅に1日誰かがいることができれば、2回~3回に分けて食べさせるのが一番良いかと思いますが、やはりそうはいかないことの方が多いと思います。共働きで家を空けないといけないとかありますよね。そういう場合は、1日で食べれるであろう量を容器に入れてあげても問題ございません。ただし、すぐ悪くなるウェットフードではなく、持ちが長いドライフードにしてあげましょう。

 

②ご飯の量

飼い始めの頃は、どれぐらいご飯をあげればいいのかわかりませんよね。よく他サイトでも書いてありますが、○歳なら○gみたいに。子猫なら容器の底が見えなくなる程度で十分です。成猫になれば話は変わってきますが、今回はあずきをモデルにしているので子猫レベルでは上述したような量をあげてください。

 

③遊ぶ

子猫・成猫問わず猫じゃらしやおもちゃは大好きです。ただ、置いておくだけではなく飼い主が一緒に遊んであげてください。遊んであげることで、猫に好かれるスピードが早くなりますよ。

 

④撫でる

あずきは撫でられるのが好きみたいで、よく撫でられながら寝ています。子猫のうちから撫でることに慣れさせるのも一つの手ですが、過剰なスキンシップを嫌う猫ももちろんいます。それを分からずに積極的なスキンシップを図ると、即嫌われますのでご注意ください。以前、書いた猫に好かれる方法のブログも参考にしてみてください。

www.otokoneko.com

 

④寝る

猫はよく寝ます、それも人生の大半は寝ているといわれるほどに。1日大体15~16時間は睡眠に費やすほど寝ています。安心して寝られる環境を作るのも飼い主の役目ですので、猫に合ったベッドやマット、ふわふわのブランケット等を用意してあげましょう。

寝る子は育つという言葉はありますが、猫も同じでどんどん育ちます。気付くと用意したベッドから体がはみ出ているなんてよくあります。

 

最後に

まとめ

いかがでしたでしょうか?

猫を飼うにあたって、想像以上に大変だと感じたのではないでしょうか。ですが、よく考えてみてください。人間もご飯を食べ、水を飲み、おやつを食べ、体調が悪ければ病院に行き、そして寝る。大まかにいってしまえば人間と猫も同じ生き方をしてるわけです。猫だからと特別視する必要はありません。

分からないことがあれば、いつでもコメントやTwitter等で連絡いただければ、相談にもお答えいたしいます。同じ猫好きとして幸せな猫LIFEを送りましょう。

 

それでは今回はここまで。

またお会いしましょう(^^♪

 

パパのブログを気に入ってくれたらポチしてね

読者登録もお願いしますにゃ

あずきもいるよー

 

前の記事へ⇒ これであなたも猫の気持ちがわかる!しっぽの役割と秘密に迫ってみた - 男と猫2匹のブログ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

 

 

www.otokoneko.com

www.otokoneko.com