男と猫2匹のブログ

猫2匹の様子と、日常で気になるものをピックアップしてお届けします。

MENU

【注目】アマゾンが始めた動物保護施設の支援プログラムが素晴らしいので参加してみた

皆さん、こんにちは。

はらだです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

 

今回は【注目】アマゾンが始めた動物保護施設の支援プログラムが素晴らしいので参加してみたを書いていきます。

 

今朝、起きて何気なくTwitterを開くと、アマゾンの「施設にいながら里親を待つ動物のために、Amazon.jpを通して支援する」という活動が目に入り、低血圧の妻を怒涛の如く起こして記事を見せたところ、ビンタされました。

妻も機嫌が悪いながらもアマゾンの活動を褒め、少しでも動物保護施設の役に立ちたいと考え、今回こちらのプログラムへ参加させていただきました。

 

 

アマゾン 動物保護施設 支援プログラム

f:id:haradadesu:20190618080802j:image

2019年6月12日より始まった動物保護施設 支援プログラム。動物保護施設で里親を待つ動物たちに、Amazon.jpを通して支援する活動となります。

流れとしては、動物保護施設が作成した【欲しい物リスト】から商品を選び、購入すると動物保護施設に支援物資として届く、という流れになります。

 

動物保護施設とは?

動物保護施設とは、飼い主が家庭の事情で育てられなくなったり、悪意で捨てられてしまい保健所へ送られた犬や猫を保護する施設です。

主に、

  • 新しい里親を見つける
  • ケガや病気の治療
  • 命続くまで育てる

のような、動物たちを不幸にさせない活動を行っている民間の団体となります。

 

私たちにできることはないか?

動物保護施設で働くのは地域のボランティアの人で、その多くは施設自体の資金で賄っているところがほとんどです。

また、年々増加する捨てられてしまう動物たち。ご飯や生活に必要な物も十分に備わっていないはずです。

動物たちを保護施設から引き取り、育てることは簡単ではありません。しかし、何かしらの形で支援を行うことができれば、動物たちが幸せな生活を送れるのでは、という考えからこのプログラムは始まりました。

 

アマゾン 動物保護施設 支援プログラムの流れ

支援①

アマゾン ロゴ

 引用元:動物保護施設 支援プログラム

まずは、「アマゾン 動物保護 プログラム」と検索すると上記画面が出てきます。下へスクロールしていくと、保護施設一覧が出てくるので支援先を選択します。

 

支援②

ねこたまご

引用元:動物保護施設 支援プログラム

支援①の支援先を選択後、矢印が向いているこの施設を支援するをクリックします。こちらをクリックする前に、下部へ進むと施設からのメッセージや、施設の様子を写した写真等が見れますので、ぜひ保護されている可愛い動物たちを見てあげてくださいね。

 

支援③

商品検索

引用元:動物保護施設 支援プログラム

支援②で説明しました、この施設を支援するをクリックすると、上記のような商品ページに移動します。こちらから選択した施設への物資を決めていきます。

物資を選択すると、アマゾンの商品画面へと移動します。そこで通常の買い物と同様にカートに入れるをクリック、追加をしたい場合は、先ほどのページへ戻り同じようにカートに入れてください。

支援④

住所選択ページ

引用元:動物保護施設 支援プログラム

支援③で商品をカートに入れ、レジに進んでください。通常であれば住所を選択するのですが、このプログラムに関しては、直接施設へ届くように手配をとりますので、上記の赤枠で囲んだ部分を間違わないように入力していきます。

 

支援⑤

商品が届いた画像

引用元:動物保護施設 支援プログラム

支援④でお届け先の入力が完了しましたら、この住所を使うをクリックし次へとお進みください。進むとギフトオプションの選択になりますので、メッセージを添えてギフト設定の保存をクリックします。

ギフト設定の保存をクリック後、支払いページに飛びますが、通常の買い物のように進んでいただければ問題ございません。最後にお届け先の名前や住所を確認して、確定させれば終わりとなります。

 

今後の取り組み

6月12日時点で、支援の対象となっているのは審査を通過した全国の15団体です。今後も動物保護施設の活動を世に周知させるために、支援対象も増えていく予定となります。

また、期限は定められていませんが、このプログラムが終わったとしても動物保護施設は存続し続けますが、そのためには皆様からの支援も必要になってきます。少しの支援で救える命もあることをご理解いただきたいと思います。

 

アマゾン 動物保護施設 支援プログラムの総括

遠くを見ている猫

いかがでしたでしょうか?

動物保護施設の支援プログラムを通して、動物たちへの関心が強まったのではないでしょうか。ただ全ての動物たちが幸せとは限りません。捨てられたり、虐待を受けてしまう動物も中にはいるのが今の世の中です。そういった不幸な動物を1匹でも減らすためにもこういった団体は必要なのだと思います。

 

私と妻も、将来的には動物と関わる仕事をしたいと考えています。もちろん保護も積極的に行っていきますし、多くの動物たちを幸せにできるように頑張っていきます。ただの自己満ではなく、動物と動物にかかわる全ての人たちが幸せになれますように。

 

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

パパのブログを気に入ってくれたらポチしてね

読者登録もお願いしますにゃ

あずきもいるよー

 

 

はらだのオススメ記事はこちらです。

www.otokoneko.com

www.otokoneko.com

www.otokoneko.com