男と猫2匹のブログ

猫2匹の様子と、日常で気になるものをピックアップしてお届けします。

MENU

【注目】猫から教わる生きていくうえで大切なこと

皆さんこんにちは。

はらだです。

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

 

突然ですが猫を飼っているあなたに一つ問いたいことがあります。

猫をただのペットで可愛いだけの存在だと思ってはいませんか?もしそういう風に猫を見ているなら大きな間違いです。実は猫という動物は、人間が生きていくうえで大切なことを教えてくれる動物というのをご存じでしょうか。

崇めろ!ひれ伏せ!にゃ!

今回は、猫から学ぶ大切なことをまとめていきたいと思います。(震え)

 

 

大切なことは猫に教えてもらう

舐めあう猫

あなたが生きていくうえで、大切にしてることはなんでしょうか?

変に掲げたモットーですか?凝り固まったプライドですか?そういう人ほど猫から学び、そういった自分に備わっている不要なツールを今すぐに捨てるべきなのです。

 

猫のように生きる

私のような平々凡々の人間は、当たり前に企業へ就職して社畜となって生きていくのが通常の人生ルートだと考えていました。ただそれでは一度の人生、棒にふることになるのは分かってるんですが動くのが怖い。

そんな時は猫を考えてみてください。自由気ままに生きて、寝たいときに寝て、獲物を狩る時だけ本気出してという生き方をしています。私の考えではこういう猫の「気ままに」な生き方が人間本来の生き方ではないのかと考えています。

 

 猫から学ぶ男の口説き方

あなたは誰かに恋をしたとき、猛烈アタックをして失敗していませんか?そんなときは猫の行動や甘え方を見習うべきです。

猫はもちろん恋はしませんし焦ったり急いだりもしません。むしろ人間側が猫に恋をする方がほとんどですよね。そこで猫と人間の行動を思い浮かべれば気付くのではないでしょうか。

人間の場合

猫(男)に積極的にコミュニケーションを図ろうとしても、逃げられる。または嫌がられます。

猫の場合

寄ってくるとは思いもしない時にすり寄ってきたり、「撫でてー!」と甘えた声を出したり。もうキュン死にです。ありがとうございます。

ご理解いただけましたでしょうか。通常は「ツン」です。たまに見せる「甘え」で攻撃です。時間はかかりますがこれをマスターできれば、あなたは恋愛マスターとして君臨できるでしょう。

全てのオス(男)を手のひらで転がすにゃ!

 

嫌なことがあったら寝よう

2匹の猫が寝ている

あなたは嫌なことが自身に起きたら、いつまでもくよくよしていませんか?そんな時も猫を思い出してください。猫は自身に嫌なことや怖いことが起きれば、その場から一目散に逃げだします。そして落ち着いたら寝ます(寝るんかぁああい!)

また、凄いケンカをしたとしても落ち着けば画像のように寝ます。(これケンカの後です)

「寝て忘れよう」という言葉があるように、一度夢の中へダイブできれば案外平気なもので、落ち着いて考えられるようになるのです。そんな経験身に覚えありませんか?

大事なことなので、もう一度言いますが「とりあえず寝よう」です。

 

ビジネスは猫から学ぶ

あなたは会社の社畜(飼い猫)ですか?私は飼い猫歴10年以上の番犬、もとい番猫です。最低限の身の回りの世話(給料・休み)をしてもらって満足している時点で飼い猫気質です。

では有能な社員(イケ猫)はどうでしょうか。エリートマンも有名ブロガーも同じで稼げてきたら起業(野良化)してませんか?誰にも頼ることなく自分の力だけで成り上がる、カッコいい野良猫です。

猫は自分の最期を誰にも見せないといわれていますが、言葉を言い換えれば「自分の身は自分で守る、社畜(飼い猫)は結構だ」という表れですね。

あなたもいつまでも飼い猫のままではなく、早く野良化できるように努力しましょう。

公園とかにいるガチの野良になっちゃダメよww

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

猫は意外と何も考えてないようで、実は計算高い動物なのかもしれません。今回のブログで一つでも「あっ、その通りかも」と思っていただければ私は嬉しいです。猫のように人生を謳歌できれば悲しいニュースも減るし、みんなが幸せに生きていけると思うんです。

しょうもない争いも減るし、悩んで病んでしまう人も減る。地球全体に幸せに包まれるように願っています。

 

それでは今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

またお会いしましょう(*'ω'*)

 

大事なことはみーんな猫に教わった(そしてもっと)

大事なことはみーんな猫に教わった(そしてもっと)

 

 

はてなスターは無くなったよ

スマニュー砲のためにブックマークお願いしますにゃ

ちゅーるもお願いしますにゃ

 

www.otokoneko.com