男と猫2匹のブログ

猫2匹の様子と、日常で気になるものをピックアップしてお届けします。

MENU

ブログのアクセス数を上げるためにおさえておきたい流入に関する3つのこと

皆さん、こんにちは。

はらだです。

日々ブログを書いていると、どれくらいの人数に見られているんだろう?今日書いたブログはみんな見てくれているかな?など、やはりアクセス数は気になってしまいます。

そこで今回は、アクセス数を上げることを考えるうえで必要になってくる、「流入経路」について書いていこうと思います。

 

 

そもそも流入経路とは

f:id:haradadesu:20190620164413j:plain

例えば、今見ていただいているこのページ。このページにアクセスするためには様々な方法があり、

  • Google検索でヒットしたページだった
  • Twitterでリツイートされていたから気になった
  • はてなブログのおすすめ記事に載っていた

などが考えられます。

流入経路とは文字通り、そのページにアクセスしてきたユーザーが、どのような経路で流入してきたかを知るための指標です。

 流入経路の種類

その流入経路ですが、主に5つの種類に分けることができます。以下より見ていきましょう。

言い方は色々あるかとは思いますが、分かりやすいようGoogleアナリティクス上での呼び方を使用しています。

※正しくは10種類ありますが、ここでは特に目にすることが多いであろう5つの流入経路に絞って紹介いたします

Organic Search(自然検索からの流入)

自然検索とは、GoogleやYahoo!のような検索エンジンで検索を行うことを指します。

つまり流入経路「Organic Search」とは、検索エンジンからアクセスがあった、ということ意味しています。

例を挙げるなら、

  1. 調べたい何かしらのキーワードで検索を行う
  2. 表示された検索結果の一覧の中から、気になったタイトルをクリックする
  3. クリックされたページが表示される

このような場合です。

注意点 Organic Searchはあくまで、検索エンジンからの流入に限ります。

Referral(外部サイトからの流入)

自身のウェブサイト同士を繋ぐために貼られたリンクのことを内部リンクと言います。

www.otokoneko.com

上記のようなものですね。

それに対して、自身のウェブサイト以外のページ上に貼られているリンクのことを外部リンクと言います。そして、流入経路「Referral」は、外部リンクからアクセスがあった、ということを意味しています。

ただし、注意しなければならないのが、上記でも説明したようにGoogleなど検索エンジンからの流入は、たとえ外部からのアクセスであってもOrganic Searchに分類される、という点です。

なぜなら、OrganicSearchはあくまでも自然検索であり、外部リンクからの流入は、決して自然に検索されて流入してきたわけではないからです。

主な検索エンジン一覧
  • Google
  • Yahoo!
  • Bing
  • MSN
  • goo
  • rakuten

Paid Searchとは、リスティング広告経由でアクセスがあった、ということを意味しています。

リスティング広告とは

GoogleやYahoo!で検索を行った際に普通の検索結果より上位に表示される、検索結果風の広告です。

f:id:haradadesu:20190619135225j:plain

自身のサイトをリスティング広告として表示させたい場合は、GoogleアドワーズYahoo!プロモーション広告などを用いて、

  • 何のキーワードで検索された場合に広告を表示させるか
  • 表示させる広告が1クリックされるごとにいくら支払うか
  • クリックがあった場合、どのページにアクセスさせるか

などを設定する必要があります。また、1クリックの単価を高く設定しているサイトから順番に表示されるため、設定すれば必ず表示されるわけではありません。

Social(ソーシャルメディアからの流入)

ソーシャルメディアとは、テレビのように不特定多数の視聴者に対して一方的に情報発信するメディアとは異なり、不特定多数のユーザーが双方向にコミュニケーションをとることのできるようなメディアを指します。

例えば、

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

などが挙げられます。

そして流入経路「Social」は、ソーシャルメディアからアクセスがあった、ということを指しています。

TwitterにURLを載せた場合、外部リンクという扱いにはなるのですが、ソーシャルメディアからのアクセスは、こちらが優先されます。

Direct(直接流入)

直接流入とは文字通り、外部のサイトを経由せずにそのままダイレクトにアクセスがあった、ということを指しています。

例えば、

  • ブラウザに直接対象ページのURLを打ち込む
  • 対象のページにブックマーク上からアクセス
  • メルマガに添付されたURLからアクセス

などが挙げられます。

いきなりクイーズ

では、突然ですが問題です。

外部のウェブサイトが開かれた状態で、ブックマークから自身のページへアクセスがあった場合は流入経路はどうなるでしょう。

  1. Referral
  2. Direct

正解は、、、

 

 

 

 

 

2.Direct」です。

一見、外部のウェブページから自身のウェブページへ移動しているのでReferralなのでは?と思うかもしれません。

しかし、リンクをクリックしたか、していないかが実は大きな問題です。

検索結果からのアクセスやツイッター上に載っていたリンクからのアクセス、外部サイトからのアクセスなどは基本的に、全てリンクのクリックが行われています。

ただし、お気に入り登録はあくまで、URL自体をPCに保存して、クリックを行うことでそのURLに直接アクセスしているだけですので、リンクのクリックとは全くの別物です。

個人的な覚え方

「Paid Search」 > 「Organic Search」=「Social」 > 「Direct」 > 「Referral」

 

流入経路を把握できるとどんなメリットがあるの?

f:id:haradadesu:20190620164254j:plain

 5つの流入経路について分かったところで、流入経路を知ることでどのようなメリットがあるのかの話に移りましょう。

アクセス向上のための施策が考え付きやすい

ユーザーの流入経路が分かるということは、その中でどこからのアクセスが多いのか、また、少ないのかが分かるということです。

つまり、

  • Socialの流入が少ないからもっとTwitterで投稿してみよう
  • Organic Searchからの流入がうちのサイトの過半数を占めているから、もっとSEOを意識した記事を増やしていこう
  • Directからの流入が多いのは、お気に入りに登録している人が増えてきたのかな?それなら、昔投稿して人気だった記事の続編でも出してみよう

といった施策が考え付きやすくなります。

「ブログ開設してから3か月くらいたつのに閲覧数が全然増えない。。」「新しい記事を投稿したのに全然見てくれていない。。。」

と悩んでいる人がいましたら、ぜひ流入経路を参考にしながら施策を考えてみてください。

データを見るのがもっと楽しくなる

「この記事は閲覧数が多いぞ。」と抽象的にしか分からなかったことが、「この記事の閲覧数が多いのは、他の記事に比べてTwitterからのアクセスが多いからだ!」とアクセスの多い理由を把握できてくるようになると、データを見るのが楽しくなります。

本当です。楽しくなります。

毎日数字を見るのが楽しみになれば、ブログを書くことへのモチベーションも比例して上がっていきます。

そうなるってくると、「この記事はTwitterからのアクセスを狙う感じで書いてみようかな」といった考え方ができるようになります。

そして見事Twitterからのアクセスを大量に獲得できた、となればモチベーションはさらに上がっていくでしょう。

しかも、この一連の流れ。

実は無意識に流入経路を意識してアクセス向上のための施策を考えているのです。

これを私は、流入経路マジックと呼んでいます。。。(嘘です)

リスティング広告を試してみたくなる

自然検索からのアクセスを増やすための施策を考えてみよう。TwitterやInstagramを用いてアクセス向上を狙ってみよう。

このように考えていると行き着く場所が、そうです。リスティング広告です。

上述したように、検索結果一覧の上にスペースを作って自身の記事をGoogleに表示させることができるのですから、お金を払うだけで実質検索順位1位が狙えるということです。

まさにドーピングです。

そのため、特定のキーワードで、お金を使ってもいいからアクセス数を増やしたい、と思っている人にはリスティング広告は最適な方法となります。

これの何がメリットなの?と思った人。

広告についての仕組みを理解しておくことは決して無駄にはなりません。

Google AdSenseだって立派な広告なのですから!

 

それぞれの数を増やすにはどうすれば?

f:id:haradadesu:20190620164348j:plain

最後に、それぞれの流入経路を増やすためにはどのような施策を行えばいいか、簡単な例を紹介いたします。

Organic Searchを増やす

Organic Searchを増やすということは、検索順位を上げるということ。つまり、Googleからの評価を上げる必要があります。

Googleからの評価を上げるためには色々なことに注力しなければなりません。

そこで今回は、あまり時間をかけずに行えるであろう施策をいくつか紹介します。

独自性のある文章を作成する

Googleはコピー&ペーストで作成された文章をとても嫌っています。自分には文章力がないから、と上位記事の文章を丸パクりしてしまえば、評価を上げるどころか評価さえしてもらえなくなります。

 ちぐはぐでも良いので、自分の言葉で文章を書くことが大切です。

注意点コピペ文章の使用は、AdSenseの審査が通らない原因にもなります

タイトルにキーワードを入れる

当然ですが、1つの記事に対してタイトルは1つしかありません。そこに、自分が検索してもらいたいキーワードを含めないというのは言語道断です。

キーワードを複数個入れることもあまりせず、1つのキーワードに絞り込んでからタイトルを付けましょう。

また、タイトルについてもコピー&ペーストになっていないよう気を付ける必要があります。

見出しを変更する

見出しについてもタイトル同様、キーワードを入れてあげましょう。

ただし、ページにアクセスしたユーザーが見やすいよう・分かりやすいように記事を書くことが大前提です。

見ただけで、配下の文章がどんな内容なのか分かる見出しが記事を作るうえで最高の見出しですので、それを崩してまでキーワードを入れる必要はありません。 

はてなブログの場合

見たまま編集で見出しを作成すると、

  • 大見出しがh3タグ
  • 中見出しがh4タグ

であるため、h2タグを使わずに記事を作成することになります。

h2タグとh3タグでは、Googleに与える影響力が大きく変わります。少し手間ではありますが、記事作成後にh3タグをh2タグに。h4タグをh3タグに手動で変更することをおすすめします

Referralを増やす

Refarralを増やすために必要なこともOrganic Searchとほとんど変わりません。外部サイトからのアクセスを増やすということは、外部リンクを増やすということ。

外部リンクを増やすためには、やはり、ページを見てくれているユーザーやサイト運営者に評価してもらう必要があるということです。

はてなブログでブログを書いている人には聞き覚えのあるかもしれませんが、「スマニュー砲」を狙った記事を作ることもReferralのアクセスを増やす方法の一つです。

狙ってかけるものでもありませんが。。。

Paid Searchはあくまで有料広告であるため、お金をかければかけるほどアクセス数はあがります。

ただし、「自身のウェブサイトで商品の販売をしている」ということがない限り、アクセス数を増やすためにお金をかける行為はおすすめできません。

別の流入経路からのアクセス向上を考えたほうが得策です。

Socialを増やす

個人的に一番おすすめなのが、ソーシャルメディアからのアクセスを増やすです。

Socialからのアクセスを増やすために必要なことは、

  • フォロワー数を増やす
  • エンゲージメント率を上げる

の2点。単純ではありますがとても大切な要素です。

アカウントのフォロワー数を増やせば、その分その投稿を見てくれる人数も増えますし、アクセスしてもらえる確率も上がります。

記事投稿のお知らせ以外にも、

  • ユーザーにとって面白いと感じさせるもの
  • 有用な情報であると認識させるもの

を定期的に配信し続ければ、フォロワー数は上がり、エンゲージメント率も自動的に上がっていくでしょう。

他にも

ブログ運営者との横のつながりが増え、ブログについての成功例や失敗例を目にする機会が多くなるといったメリットも

Directを増やす

Directは誰が何の目的でどのようにアクセスしてきたかが全く分からないため、増やそうと思って増やすことはあまりしません。

ただ、お気に入りに登録してもらえている数が増えれば自動的にその数はあがっていくでしょうから、自分のブログがどれだけお気に入りに登録してもらえているかの指標にはなるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。意識していないとあまり目にすることのない流入経路。しかし、少し意味を理解するだけでデータの確認が2倍にも3倍にも楽しくなります。

データからアクセスが増えない原因を考えて、考えた施策を実施して、結果アクセスが向上した。という事実は、何ものにも代え難い素晴らしい経験となるでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

またお会いしましょう^ - ^

 

 

www.otokoneko.com

www.otokoneko.com

 

 

パパのブログを気に入ってくれたらポチしてね

読者登録もお願いしますにゃ

あずきもいるよー

にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村