男と猫2匹のブログ

猫2匹の様子と、日常で気になるものをピックアップしてお届けします。

MENU

【母の日】1日遅れだが少し私の母について書こうと思う

皆さん、こんばんは。

 

はらだです。

 

以前書いたブログにコメントをいただいてまして

「はらださんの膝には猫たちは乗ってこないんですか?」と。

答えは「乗っかってきません」

 

猫を膝に乗せた瞬間、マッハでいなくなります。

ただ猫たちの甘えん坊になる時間があるので

そのタイミングを見計らって数秒抱っこする程度です。

 

私は寂しいです。

 

 

1日遅くなりましたが、昨日は母の日ということで

皆さんはプレゼント渡しましたか?

私はちゃんとプレゼント贈ってますよ。

なんと3点セット。

 

では、本題に移っていきましょう。

 

母の日のにっこりお母さん

 

といいましても、私は高校卒業してから

すぐに親元を離れているので

高校時代までの思い出となります。

 

先に言っておきますが、私の母はとんでもない天然です。

見た目はしっかりしてそうですが

たまに天然をフルパワーで発揮してきます。

 

 

 

母はロングヘアーをバッサリ

私が幼稚園に入るまえくらいの時に

母は「ショートカットにしていい?」と

突然聞いてきました。

 

今まで自慢だったロングヘアーを

バッサリいきたいと言い出したのです。

 

私はまだ幼すぎて、ショートカットってなんだろう?

ショートカットにしたら母が変わってしまうんじゃないかと恐れ

散々駄々をこねて、必死で止めた記憶があります。

 

次の日、母はショートカットになってました。

 

なんの確認だったのか。。。

 

 

お嬢様生まれのお嬢様育ち

母の実家は代々公務員の一族で

母のお父さんも真面目一直線で

THE公務員みたいな性格の持ち主でした。

 

そんな公務員一族に生まれた私の母。

所謂、箱入り娘として育てられ

原付バイクもそうですが

まさかの自転車も乗ったことがないレベルです。

 

1度だけ、近場のコンビニに行こうと

自転車に乗ろうとしている姿を見ましたが

自転車に標準装備しているカギの開け方が分からず

5分間の格闘の末、諦めて車を使うという。。。

 

 

母は意外とスポーツ少女?

私が幼少時、自転車も乗れない母は運動音痴なのではないかという

疑念を抱いておりました。

ですが、母の卒業している学校は意外にもスポーツ有名校。

しかもバレー部に所属していたと聞きました。

 

その証拠にママさんバレー?なる部活に

毎週必ず練習に参加しており

大会では優勝するほどでした。

 

私が小学校を卒業すると同時に

ママさんバレーから抜けないといけないとのことで

相当寂しがっていた記憶があります。

 

 

未だにベールに包まれている父との出会い

父との「馴れ初め」を教えてくれません。

私には兄と姉がいますが誰も教えてもらえず

父に聞いても石造かな?と思うほど無口なので

私が生まれてから31年の間、謎に包まれています。

 

 

母は父を愛している

以前ブログにも書きましたが

私の父は病にかかっており、腎臓も患い

もう長くないと言われておりました。

 

父は実家に帰っていいぞと母に言ったそうですが

母は断固拒否。

ちゃんと父に伝えていないみたいですが

いつ来るかわからない、最後の時まで一緒にいたいのでしょう。

何十年も苦楽を共にしてきたのですから。

 

献身的な介護、カロリー計算した料理、トイレやお風呂まで。

そんな母の姿をみて、「尊敬」しています。

 

 

よく笑う家族にしてくれてありがとう。

愛情をもって育ててくれてありがとう。

 

体に気をつけて、これからも長生きしてください。

 

息子より

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村